Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また一つ歳をとりました。

うちのちょび君が、8月22日をもって
満4歳になりました。

人間に換算するとそろそろおっさんの年齢になってきています。
そのうち腹がでてきたり、禿げたりするのか心配ですw

それでは近況です。
DSC_5927.jpg

DP2M0799.jpg

スポンサーサイト

山歩きで思うこと

最近の山歩きは、霊仙山をコースを変えながら歩いている。
正午前後に登山口をスタートする。
だらだらと3時間ほど歩いて山頂に到着し、昼食をのんびりとる。
獲得標高は1000mと本当に平凡である。

午後3時を過ぎると人は殆どいない。
ちなみに3人以上にあったことがないし
あうグループは外人さんが多い。

この時期は夕方になると
まだ冬の低山装備が活躍する。
ネックゲイター、手袋、カッパ、ソフトシェルがないと
凍えてしまう。

夕焼けが始まる前の
1時間ほど風のゴウゴウと叫ぶ声を聞きながら
いろいろと物思いにふける。
フォーククルセダーズの「悲しくてやりきれない」の冒頭が
頭に浮かんでくる。
胸にしみる空の輝き~、たしかに空は平地とは違った様相だ。
たった1000m程度上っただけなのに。。。。。
そうこうしているうちに、夕焼けの時間帯になる
ガマガエルが呼び合い交歓する声の高鳴りと共に
夕焼けはクライマックスを迎え始める。
夢中でカメラのシャッターを切り
静寂そしてまた焼き付ける。
この繰り広げられる風景に
充分に満足できなくても
下山の時間は無情にもやってきてしまう。

もう獣のうごめく時間帯だ。
人の世界とはちがう時間軸が回り始めている。
鹿の群れ、猿の雄叫び、熊の怒声、追い立てられるように
急ぎばやに三脚とカメラをリュックに収納する。
さあ、下山だ。
急な坂道を息をつく暇もなく
駆け下りる。
顔が熱い、火にくべられた
薪のように頬が紅潮するのがわかる。
息も上がり、体が上気する。
さあ麓の山小屋が見えた。
登山口まではあと少しだ。
山小屋前には天然の自販機がある。
といっても谷の水で冷やしたジュースとビールに
料金箱が置いてあるだけだ。
醒ヶ井バス停前の西出商店さんが設置しているものだ。
ここまでくれば10分ほどでもう登山口に到着だ。

登りは3時間もかかるが下りは超特急で1時間しかかからない。
ただここから駅まで徒歩で2時間はかかる。
この時間には終バスも出てしまい
それしか選択肢がないのだ。

この2時間は寂しい時間になってしまう。
もっと山にいたいのに。。。。。
そんな思いが胸にズシリとくる。
楽しい時間は早く過ぎてしまう。

また退屈な一週間をすごして
山へ向かう。この一年は体力作りに専念しよう。
鈴鹿山脈と台高山脈へのチャレンジが当面の目標だ。

最終目的は、大峰奧掛。
熊野は、辺境の神が坐す国、死者の国、神の野という意味がある。
そこにいけば何があるのか?何もないだろう?
でも、僕の心の巡礼はまだまだ続く。


またつまらぬものを買ってしまったw

若さゆえのあやまちか?
ガーミンのEtrex30買ってしまいマスタ。

これで迷子にならずに
どこのマイミクの家でも遊びにいけるをw

とりあえず2人ほどピックアップして
突撃してみるかw

後味の悪さ・・・・・・

「世界戦争論」は後味の悪い読み物だった・・・・・・・
自己の正当性だけを述べているだけで
何も中身がない。
良くも悪くも皇国日本流を貫いてはいるのだけど。。。。。
それがいろんな国(特に独立心の旺盛な東南アジアでは)で嫌われたのだろうな。
南機関とか触れたい話はたくさんあるが。。。。
ややこしくなるのでやめとこw

これなら偕行社の戦記の出版物を読んだ方が正しい歴史ではないだろうか?
南京は虐殺だよなあ。人口の2割ぐらいいなくなったんだから。

慰安婦にしても
外地に出るための軍隊ではない
日本軍の兵站の軽視から生まれた産物だからなあ。
現地調達ありきだもんな。
経理学校系の内規をあたれば
普通に現地調達だからねえ。。。。。

知れば知るほどこの道しかなかったのかい?
と問いたくなるね。。。。。。。

切なくて空しくて後味が悪いわ。

そろそろ

仲小路彰の記した「世界戦争論」でも紐解いて
読んでみようと思う



今日この頃。。。。。。。




復刻本の紹介
復刻本でもかおうかなあ。
オリジナルで未だフィルムもついている状態なので
少し気が引けてきた。

左サイドMenu

プロフィール

プロード

Author:プロード
えー、飲んべえです。
主食はアルコールでおやつがゲームです。
下手の横好きですが^^;
GNO2と女神転生imagineにはまっています。

最新記事

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。